2006年09月03日

忘れられた先駆者(DOL百物語 第四話)

§1§



「これは・・・・・酷いな・・・・」

ラドリックは辺りを見回すとそう呟いた。オスマン艦隊を撃破し、リラダン団長に別れを告げたラドリック達は、一路サントドミンゴを目指していた。そしてその航行中に「それ」を見つけたのだった。


ラドリック達が見つけた「それ」・・・・・それは、漂流している一隻の帆船だった。帆は破れ、索は切れ、船体には砲弾がめり込んだであろう穴が無数に開いていた。しかし、沈むまでには至らないようで、海流に流されているのだろう、少しずつ動いていた。ラドリック達は、その漂流船に船を近づけているのだった。

「一体何処の船でしょうねぇ・・・・・・」

ラドリックの横で、船を眺めていたディックが不思議そうに言った。

「こりゃかなり昔の船だな・・・・わしが若い時に作られた船じゃないか?」

ディックの言葉に工房長のモーガンが答えた。

「船の形は今で言うキャラック系だが、各所の作り方が今風じゃない・・・・それにあそこを見てみろ」

そう言うと、モーガンは船体の一部を指差した。そこには、喫水線よりかなり上であるにもかかわらず、海草がびっしりと巻きついていた。

「いくら漂流船だからといって、あの海草のつき方は異常だぞ?それに、あれだけの穴が開いてれば、キール(竜骨)にも影響があるはずだ、浮いてるのが不思議なぐらいだが・・・・・」

そう言いながら考え込んでいるモーガンを尻目に、ラドリックは横に来たエドに言葉をかけた。

「とりあえず、乗り込んでみよう。万が一にも生存者が居れば救助しなければならない」

「ですが船長・・・・流石に生存者は居ないと思いますがねぇ・・・・・」

ラドリックの言葉にエドは船を一瞥してそう言った。

「恐らくそうだろうが・・・・・もし、乗っていた人間の手がかりになるようなものでもあれば、遺族に持って帰るのが航海者の道ってものじゃないか?」

「・・・・・わかりやした、ではあっしとディックを中心に乗り込む奴を編成しましょう」

「ああ、頼む。準備ができたら教えてくれ」

エドの言葉にラドリックは頷くと、船長室へと歩を進めた。



続きを読む
posted by ラドリック at 22:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。