2007年01月27日

出撃前夜

§1§



「なんで私は行っちゃ駄目なのよ!」

ソフィアはそう言うと、目の前のテーブルを手で叩いた。

謁見の間を辞したラドリックは、出撃の準備を整える為にBand of lightに戻り、航海士達を集めて指示を出した。そして、その準備が一段落した時点で、ソフィアを船長室に呼んだのだった。

「ソフィア・・・・今回の出撃は今までのようにはいかない。最悪の場合、二度とロンドンの土は踏めないかもしれない・・・・そんな危険な所にお前を連れて行くわけにはいかないんだ」

「何でよ!ケープで海事演習をしたときも、カリブで海賊の掃討戦をした時も、私はずっとお兄ちゃんたちと一緒だった。それなのに、何で今回だけ!」

「考えてみろソフィア・・・演習はあくまで演習、掃討戦は実戦とはいえ、戦闘力ではこちらが上だった。しかし、今回はイスパニアの無敵艦隊の一部が相手だ・・・・とてもじゃないが、お前を守ってやる余裕がないんだ・・・・」

「守ってもらわなくてもいい!私は絶対に」

「ソフィア!わがままを言うな!」

なおも言い募ろうとするソフィアを一喝すると、ラドリックは冷たい声でソフィアに告げた。


「主計長ソフィア・ガーランドの任を解く。今日中にBand of lightから下船するように」

「お兄ちゃん!」

「これは船長命令だ、逆らうのなら力ずくでも下船させるぞ!」

ラドリックの言葉を聞いて、ソフィアの目に涙が浮かぶ・・・そして、ソフィアは無言で踵を返すと、船長室を出て行った。

「ソフィア・・・・わかってくれ・・・・・・」

ラドリックは開いたままのドアを見つめながらそう呟いた・・・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 14:40| Comment(5) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

戦雲迫る

§1§



「ライザ!キングリューが艦隊を率いて北上しているというのは本当か!」

カリブでの任務を終え、ロンドンに帰港したラドリック達を待っていたのは「イスパニア艦隊北上す」の報告だった。それを聞いたラドリックは、同じく報告を聞いてアムステルダムから駆けつけたフレデリクと共に、ミドルトン邸に駆けつけたのだった。


「ラドリック・・・・フレディも・・・・・そうよ、キングリューがイスパニア艦隊を率いてこのロンドンを目指して北上しているわ」

海軍士官の軍服に身を包んだライザは、配下の水夫達に次々と指示を与えながらそう言った。

「それで・・・・ライザ、お前はどうするんだ?と言っても、答えは一つのようだが」

フレデリクの言葉にライザは無言で頷いた。その顔には悲壮なまでの決意が見て取れた。

「私のせいでお兄様は傷ついてしまった・・・・もう、誰も傷つけたくない・・・だから、私はキングリューを倒す・・・刺し違える事になろうとも・・・・」

そう、ライザが呟いたその時、部屋のドアが荒々しく開けられた。一同がドアの方を見ると、そこにはマクレガーが立っていた。

「ライザ!女王陛下がお前を呼んでいるらしい。丁度良かった、ラドリックも一緒に来てくれ!」

「陛下が私を・・・・・・?でも私は・・・・・」

マクレガーの言葉に戸惑うライザ・・・フレデリクはライザの肩に手を置くと、ライザに語りかけた。

「取り合えず陛下の所に行って来い、出撃の準備は俺が整えておく」

「・・・・ありがとう、フレディ・・・・・」

ライザはフレデリクにそう言うと、ラドリックとマクレガーの方を向いた。

「ラドリック、マクレガー、陛下の所に行きましょう」





続きを読む
posted by ラドリック at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

船上の舞踏会

§1§



「敵重キャラックの船尾を取りました!」

「ファイエル!」

ロイの声に素早く反応した砲術長のエルウッドが,指揮棒を振りながら叫ぶ・・・号令と共にBand of lightの右舷から放たれた無数の鋼の牙が、バハマ海賊の重キャラックの船尾に迫り・・・・・重キャラックは轟音と共に火柱を上げた。

「全弾命中!敵艦大破!」

「よし、次弾装填準備!エド、ベネット達の方はどうなっている?」

沈みゆく重キャラックを見据えながら、ラドリックは傍らにいるエドに声をかけた。漂流船The new earthの最期を見届けたあと、サントドミンゴを経由してハバナに入港したラドリック達は、同じくハバナに入港していたベネット、スーザ、Manon達と艦隊を組み、付近の海賊を掃討していたのだ。

「ベネット船長とManon船長はあそこですぜ」

そう言ってエドが指差した方をラドリックが見ると、そこにはバハマ海賊の重キャラックを間に挟んで集中砲撃を加えているベネット達が居た。ベネットとManonの砲撃は苛烈を極め、重キャラックはあちこちから煙を出しながら散発的な抵抗を繰り返す・・・・撃沈は時間の問題に見えた。

「あっちは大丈夫だな・・・・スーザさんの方はどうなっている?」

「スーザ船長は・・・・・ああ、そこでさ」

ベネット達の居る方向とは逆の方向にスーザの船は居た。スーザの乗船であるガレオンは、敵艦隊の旗艦である重キャラックと並んで動きを止めていた。恐らくどちらかが接舷して白兵戦となったのだろう。

「ロイ!スーザさんの船が敵艦と接触してどれぐらいになる!」

ラドリックはトップマストで周囲を警戒しているロイを見上げた。ラドリックの問いかけにロイはしばし考えた後、答えを返した。

「そうですね・・・・・もうニ時間ぐらいでしょうか・・・・・」

ロイの答えを聞いた瞬間、ラドリックの表情が変わった。ラドリックはスーザの船を一瞥すると、航海長のレイモンドの方を向いた。

「レイモンド!スーザさんのガレオンにBand of lightを接舷させろ!多少荒っぽくなっても構わん!」

「了解!」

「ギムはベネットとManonさんに信号を!そちらが片付いたらすぐにスーザさんの船に向かうように伝えろ!ディックは斬り込み隊の連中に用意させろ!接舷したらすぐに乗り込むぞ!」

「了解ですが・・・船長・・・どうしたんですかい?そんなに慌てて?」

突然の命令に戸惑うディックに、ラドリックは表情を変えることなく言った。

「おかしいとは思わないか?スーザさんの船はガレオンとは言え、その白兵戦能力はこのBand of lightより上だ・・・・それが二時間も接舷したままということは・・・・」

「まさか・・・・押されていると?」

「思いたくはないが・・・・・・最悪の事態も考えておいた方がいい」

「りょ・了解しました、斬り込み隊の連中をいつでも乗り込めるように準備させておきます!」

ディックはそうラドリックに言うと、慌てて下に降りて行った。それと同時に、レイモンドの操船により、Band of lightはその船首をスーザの船に向けた。

(杞憂で終わればいいが・・・・・・)

ラドリックはそう思いながら、徐々に迫るスーザの船を見つめた・・・

続きを読む
posted by ラドリック at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。