2007年02月17日

死闘 §後編§

§1§


「エド・・・・・嘘だろ・・・・・エドォ!!!」

硝煙と静寂が包む船上で、ラドリックは物言わぬエドを抱きしめ叫んだ。熱い涙がとめどもなく流れ出る・・・・・

「ふん・・・・自分の仕える船長を我が身を挺して護った悲劇の副官・・・・と、言った所か・・・・無駄な事を」

「・・・・・・」

「折角副官が護ったお前達の命も、あともう少しで消える・・・・結局はほんの数分生き延びただけだったな・・・・フフフフフ・・・・ハーハッハッハ!」

「キングリュー!貴方という男は!」

エドを抱きしめたままのラドリックとその横に居るライザを見ながら、キングリューは嘲笑った。その言葉に激昂するライザ・・・・その時、ライザの肩をラドリックの手が掴んだ。

「・・・・・ライザ・・・・エドを頼む・・・・」

「・・・・ラドリック・・・・?」

振り返ったライザの瞳に移るラドリックの表情は虚ろだった。その瞳には何も映していない・・・・・ラドリックはエドを甲板に横たえると、無造作に立ち上がった。そして、腰に吊るした宝剣フラガラッハを抜き放つ。

「・・・・・・・・・・キングリュー・・・・・・・貴様だけは絶対に・・・・・」

「何か言ったか小僧?」

「貴様だけは・・・・貴様だけは絶対に許さん!俺と共に地獄に落ちてもらうぞ!」

「ラドリック!行ってはだめ!」

ラドリックはそう叫ぶとフラガラッハの鞘を投げ捨てた。そして、両手でフラガラッハを下段に構えると、船尾楼の壇上に居るキングリューに向けて走り出した。止めようとしたライザの手はラドリックには届かない・・・・・

「うおぉぉぉぉぉ!!」

走りながら雄叫びを上げるラドリック・・・・その目には狂気の炎が燃え上がっていた・・・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 13:58| Comment(5) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

死闘 §中編§

§1§



「・・・・・エド・・・・・敵艦は・・・・・・」

「今ので全部でさ・・・・・」

「そうか・・・こちらの損害は・・・・」

「右舷の大砲は全て使用不可・・・損傷箇所は応急処置をしてますが・・・これ以上は無理ですぜ・・・それと・・・」

「・・・・それと・・・?」

「水夫の死亡30・・・・負傷者42でさ・・・・」

「くっ・・・・・・・代償は高くついたな・・・・・・」

ラドリックはそう呟くと、炎に焦げたマストを拳で殴った。ラドリックの作戦は功を奏し、一隻だけと甘く見たイスパニア艦隊は、キングリューの旗艦と護衛艦を残し全滅した。しかし、Band of lightの被害も大きく、船体には各所に被弾した穴が開き、延焼のあとも痛々しかった。

「それと・・・・ディックですが・・・・」

「まさか・・・・死んだなんていうんじゃないだろうな!」

エドの言葉にラドリックが振り返る・・・・ディックは敵の白兵戦の最中に負傷し、船医であるカークが治療を行なっていたのだった。

「船長、あいつは殺したって死ぬ奴じゃありませんぜ。ただ・・・当分は療養が必要らしいんでさ」

「そうか・・・・・」

その言葉にラドリックは周りを見渡した。船自体の被害も大きいが、人的被害も大きかった。ある者は頭に包帯を巻き、またある者は腕を吊っている。怪我の無い者も疲労の色が濃く、甲板に座り込んでいるものも多数いた。


「あとは・・・・・・」

そう、ラドリックが呟いたその時、ロイがラドリックとエドの元に駆け寄ってきた。

「船長!おやっさん!大変です!」

「ロイ!どうしたってんだ!」

「あれを・・・・あれを見てください!」

ロイが指差した方にラドリックとエドの視線が向く・・・その目に映ったのはキングリューの旗艦である重ガレオンと撃ち合っているライザの船の姿だった。

「どういうことだ!あとの船はどうしたんだ!・・・・・まさか!!」

「迎撃艦隊の殆どは護衛艦と刺し違えたようです!生き残った艦も戦える状態では無いようで・・・・ライザ船長が生き残った艦を逃がす為に時間を稼いでいるようです!」

確かにライザの船と重ガレオンの周りには護衛艦と迎撃艦隊の船の物であろう残骸が多数浮いていた。

「くそっ!!このままでは・・・・・・」

ラドリックは拳を握り締めながらライザの船の方を見た。ライザは砲撃を加えながらも、重ガレオンとの距離を詰めていった。

「馬鹿な!・・・・・・ライザ・・・・死ぬ気か!!」

舷側から身を乗り出すようにして叫ぶラドリック・・・・その瞬間、ライザの船とキングリューの重ガレオンは接舷した。船体と船体のぶつかる音が、遠くからでもはっきりと聞こえた。

「このままライザをやらせるわけにはいかない!レイモンド!敵の重ガレオンにBand of lightをぶつけろ!強行接舷させる!エドは斬り込み隊の連中で無事な奴を集めてくれ!」

「アイ・サー!」

手負いの獣が最後の咆哮を上げるように、船体を軋ませながら重ガレオンに向かって船首を向けるBand of light・・・・・ラドリックはその船首に立ちながら、徐々に迫る重ガレオンを見つめた。


(ライザ・・・・・無事でいてくれよ・・・・・・)



続きを読む
posted by ラドリック at 23:24| Comment(5) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

死闘 §前編§

§1§


「ラドリック!そんな事は認められないわ!」


ライザはそう言うと、正面に座っているラドリックに厳しい視線を向けた。

ロンドンで編成を済ませた迎撃艦隊は、セビリアから北上してくるキングリュー率いるイスパニア艦隊を迎撃すべく、ビスケー湾を南下していた。そして、迎撃作戦を立てるべく、主だった船長がライザの船に集まっていたのである。


「ライザ、冷静になれ。今の戦力で正面決戦を挑んでは、負けるのは目に見えているんだ。俺の作戦を了承してくれ」

挑みかかるようなライザの視線を真っ向から受け止めながら、ラドリックは静かに言った。

「それはわかっているわ!でも、貴方の船一隻だけを囮にするなんてできない!」

「だが、そうしなければこちらの勝機は無い」


迎撃艦隊は数だけは揃ったものの、殆どがフリゲート、ピンネース等の中型の艦隊だった。イスパニア艦隊の出航を確認したイングランド側の密偵からの情報によれば、イスパニア艦隊は戦列艦こそ居ないものの、重ガレオンを旗艦にガレオンを多数擁している・・・・苦戦は必死だった。

そこで、ラドリックは迎撃艦隊唯一の大型艦であるBand of lightを囮にする事によって敵をひきつける事にした。そして手薄になったキングリューが乗るであろう旗艦をライザ達が包囲して撃破する・・・・・それがラドリックが立てた作戦だった。

「・・・・・ラドリック・・・貴方死ぬつもりなの・・・?相手は一隻じゃないのよ?」

「わかっているさライザ・・・しかし俺は死ぬつもりは無い」

「ならば、せめて艦隊を二分して」

「ライザ・・・・申し出は嬉しいが、そうなると今度はライザの方が手薄になる。いくら俺が敵を引き付けても、旗艦を裸にするほど敵も甘くは無いだろう・・・・護衛艦のガレオンと旗艦の重ガレオン・・・イスパニア艦隊の強さはルアンダで思い知っただろ?」

「そ・・・それは・・・・」

ライザはラドリックの言葉に反論できなかった。ルアンダのイスパニア警備艦隊でさえ、一対一では押されていたのを思い出したからだ。

「とにかく、ここは俺に任せてくれ・・・・頼む」

「・・・・・わかったわ」

ラドリックの言葉にライザは答えると、部屋に居る全員を見回した。

「我が艦隊はこれよりイスパニア艦隊の迎撃にあたります。副長、敵との遭遇予測はどれぐらい?」

「このまま南下すれば・・・・恐らく半日後は敵と遭遇します。遭遇予定は・・・・・」

ライザの問いかけに副官は答えると、机の上に広げられている地図をの一点を指し示した。

「なるほど・・・・オポルト沖か・・・・」

集まった船長の一人が呟いた。

「ラドリックは先行して敵との口火を切って。残りの艦は手薄になった敵旗艦を集中攻撃します!」

「了解!」


ライザの言葉に男達は敬礼を返して答えた・・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。