2007年03月24日

開拓地へ・・・

§1§




「よし、グランドケイマンが見えたぞ!帆を畳め!総員投錨用意!」

副長のエドの声に船員達が慌ただしく投錨の用意をする。ロンドンを出航したBand of lightは、一路カリブ海にあるイングランド開拓地「グランドケイマン」を目指していた。そして今、目の前にその島影が見えたのである。

グランドケイマンは、クリストバル・コロンが発見した西インド諸島の一部であるケイマン諸島最大の島で、国際条約によりイングランドの開拓地として認められている。このような開拓地は他にも5つあり、それぞれ欧州諸国の開拓地として、新天地を目指す航海者の基地となっていた。

「おやっさん、投錨完了しました!」

「よし、ボートを降ろせ!グランドケイマンに上陸するぞ!」

副甲板長のロイがエドに報告すると、エドは次の指示を出した。グランドケイマンはBand of lightのような大きな船を係留する桟橋ができていないのだ。それも開拓地の開拓地である所以であった。

「ボートの準備できました!」

「船長、いつでも上陸できますぜ?」

ロイの再度の報告に、エドは傍らのラドリックに言った。その言葉にラドリックは頷きながら、舷側へと歩き出した。

「よし、今から上陸するぞ、ディック!ついて来い!エドはBand of lightを頼む!」

「アイ・サー!」

「まってお兄ちゃん、私も行く!」

「よ〜し、残った奴らは積荷のチェックだ!途中の嵐で傷んだものが無いか、船体のチェックもするぞ!」

ラドリックのあとをディックとソフィアが続く。それを見ながらエドは矢継ぎ早に指示を出していった・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 18:23| Comment(3) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

新たなる旅立ち

「ライザ・ミドルトン、そしてラドリック・ガーランドよ、よくぞこのイングランドを守ってくれましたね、この国に住む民にかわって礼を言います」

女王はそう言うと、頭を下げた。オポルト沖海戦でキングリューの率いる艦隊を撃破し、キングリューを拘束したラドリック達は、ロンドンに凱旋した。そして、負傷したエドやディック達を病院に収容させ、事後処理を航海長のレイモンドに任せると、ライザと共に女王に報告をする為に宮殿に向かったのだった。

「私は陛下の御意を受けてイングランド海軍の士官としての責務を果たしただけです。本当ならば、独断で行動を起こした時点で罪に服さねばならない所を、陛下のお計らいで、キングリューを拘束することができたのです」

「ライザの言うとおりです陛下、私達はイングランドの国民として当然の事をしたまでです。イングランドに生を受けた者として、祖国を守るのは当然の事です」

ライザとラドリックは女王の前に跪きながらそう答えた。

「しかし、貴方達が身を挺してキングリューを撃破してくれなければ、このロンドンは火の海となっていたことでしょう。私はこの国の王として、貴方達の功に報いる義務があります」


女王はそういうと、横に控えるサセックス伯に視線を向けた。その視線を受けたサセックス伯は一歩前に出ると、手にした羊皮紙を開いた。

「ライザ・ミドルトン、ラドリック・ガーランドの両名を本日を持って爵位を一つ進める事とする。それと、今回の海戦にかかった費用と報奨金を国の国庫より下賜する事とする。それと・・・・」

サセックス伯はライザの方を向くと、もう一つの羊皮紙を開いた。

「ライザ・ミドルトンは本日付けでウィリアム・ミドルトンの艦隊より異動を命じる、異動先は王立護衛艦隊・・・そこで、オットー卿の指揮下に入り、分艦隊を率いる事」

その言葉にライザが顔を上げる。

「陛下・・・・それは・・・」

「キングリューは撃破されたものの、我がイングランドは各地に敵を抱えています。今は一人でも優秀な指揮官を育てる必要があるのです・・・ライザよ、貴方にはこのイングランドを守る盾となって欲しいのです」

「陛下・・・・・」

「ウィリアム卿には既に了解を取っています。ライザよ、引き受けてくれますね?」

「私のような者に勿体無いお言葉・・・・このライザ・ミドルトン、命をかけて陛下のご期待にお答えいたします!」

女王の言葉にライザは目に涙を浮かべながら言葉を返した。女王は満足そうに頷くと、ラドリックの方を向いた。

「ラドリックよ、私は貴方にも王立護衛艦隊の分艦隊を率いてもらいたいと最初は思っていました。しかし、貴方はそれを望まないでしょう・・・・そこで、貴方には別の役目を与えます」

女王がそう言うと、サセックス伯が女王の言葉を受け継いだ。

「ラドリック・ガーランドよ、女王陛下の名において、貴官の軍務を解く。そして、新たに新大陸の調査を命じる!」

その言葉にラドリックは驚き、顔を上げて女王を見た。女王は微笑みながら頷く。

「なお、大海戦の参加も自由とする。ラドリック・・・・陛下のご温情に感謝するのだな、総司令官である私としては認めるわけにはいかんのだが・・・・」

「サセックス伯」

サセックス伯が更に言い募ろうとするのを制すると、女王は言葉を続けた。

「ラドリックよ、新大陸の調査は我がイングランドの命運をかける事業です。他の海洋先進国や新興国も新大陸の利権を狙っているでしょう・・・特にイスパニアは新大陸にもっとも近いといわれています。危険も伴うでしょう・・・だから貴方に命じるのです」

「陛下・・・・」

「恐らくこの調査は新大陸にとどまる事なく、インドの東方にある様々な海にも繋がる事でしょう。その調査には熟練の航海者である貴方が適任だと思うのです。やってくれますね?」

「御意にございます陛下、このラドリック・ガーランド、陛下のご期待に副えるよう、身命を賭して任務に当たらせていただきます」

女王の言葉にラドリックは深く頭を下げると、力強い口調で答えた。

「ラドリックよ・・・・十分休養を取り、準備を整えたなら出航しなさい、そして、新天地に羽ばたくのです」

「ありがとうございます陛下・・・・」

ラドリックは溢れる感情を抑えながら女王に答えた。ラドリックの跪く緋色の毛氈に、ラドリックの流した涙が落ちて染みを作った・・・・




続きを読む
posted by ラドリック at 20:20| Comment(5) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。