2007年05月26日

新たなる出会い

§1§


「ここは相変わらず暑いな・・・・カリブとは違った暑さだが・・・・」

「そうですね、乾いた暑さというやつでしょうか」

ラドリックはバヌースの首元をくつろげて風を送り込みながらエドに言った。間一髪でナッソーを脱出したラドリック達は、ナッソーの内部情報をグレッグ男爵に報告した後、交易の為に東地中海のアレクサンドリアに来ていた。本来アレクサンドリアはオスマン帝国の領土の為、異教徒であるラドリック達は入港できないのだが、蛇の道は蛇の言葉の通り、出航所の役人にいくばくかの付け届けを贈ることで半ば公然と入港することができたのである。

「しかし・・・・これだけ砂煙がひどいと、カリブにいるときのような格好はできないな」

「そうですねぇ、流石にバヌースを脱ぐってわけにも行きませんしね」

ソフィアが交易所に行っている間に所用を済ませたラドリックとエドは、情報収集も兼ねて休憩所に向かっていた。イスラム教徒は酒を飲まない為、酒場というものがオスマン帝国にはなく、水タバコや茶を飲む場所としての休憩所が酒場の役割を果たしているのである。

「でも不思議ですねぼっちゃん」

「何がだ?」

「イスラム教徒って奴は、豚や牛の肉は食わないし酒も飲まないっていうんですぜ?何が楽しみで生きてるんだか・・・・」

「この世界の人間が全員エドのように飲んだくれてる訳じゃないんだよ。それにイスラム教徒は戒律で酒や羊の肉以外の肉を食べてはならないんだそうだ。ほんとは食べたり飲んだりしたいのかもしれないぞ?」

「あっしはキリスト教徒で良かったですよ。酒が飲めない世界なんてまっぴらごめんでさ」

「まあ、そうだろうな・・・・・ん?休憩所の方が騒がしいぞ?」

そう言って肩をすくめるエドにラドリックは苦笑しながら頷く・・・その時、休憩所の方から複数の人間の怒鳴り声が聞こえてきた。

「喧嘩・・・・ですかね?」

「わからんが・・・・とりあえず行ってみよう」

ラドリックはそう言うと、エドを促して休憩所の方へ向かった・・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

ある猫の一日(番外編)

§1§




(にゃ・・・・もう朝かにゃ・・・・?)

船室の窓から暖かく漏れる日差しを浴びにゃがら、我輩は目を覚ましたのにゃ。

我輩のにゃまえはウィル、イングランド所属の船Band of lightに住んでる猫で、チャームポイントはぴんと張った尻尾なのにゃ。

(さて、今日も日課の散歩をするかにゃ・・・・)

我輩は、背伸びをしにゃがらそう思ったのにゃ。我輩の日課は船内の散歩、飼い主であるソフィアの代わりに船内を見て回るのにゃ。

(今日はどんな事があるのかにゃ・・・・・?)

我輩はドアの隙間をすり抜けにゃがら、廊下に出たのにゃ・・・


続きを読む
posted by ラドリック at 15:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 航海者達の日誌(番外編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。