2007年09月24日

老兵は死なず §後編§

§1§



イスパニアの領土であるパルマの出航所に、三隻の帆船が停泊していた。船型はキャラックだろうか・・・遠目からでは分からないが、その船体には無数の傷が刻まれていた。

「・・・・この船と共に戦って何年になるかの・・・・それも今日で終わる・・・・か」


三隻あるキャラックの中でも一番古い船の甲板で、その男は呟いた。男はその船の船長だろうか、くたびれたパイレーツコートに身を包み、船体に刻まれた傷を指で撫でた。

「艦長、全艦出撃準備整いました」

副長らしい男が敬礼をして報告する。男はその報告に頷くと、甲板上に並ぶ船員達に向き直った。

「諸君、我が部隊はこれよりアルジェ沖に停泊しているバルバリア海賊の主力の一部を叩く為に出撃する。諸君等も知っている通り、我が部隊と敵の戦力差ははっきりしており、敵艦隊に打撃を与えるどころか生還もおぼつかんじゃろう・・・」

男は言葉を一旦区切ると、船員達を見渡した。どの船員の顔にも緊張が見て取れた。

「わしは軍上層部に疎まれた身だ、退役前のこの命をここで捨てても惜しくはない。しかし、諸君等はわしの様な老いぼれに付き合う事はない。希望者は退艦を許可するので前に出てくれ。なに、心配は要らん。疎まれているのはわしだけじゃから、諸君等が艦を降りても罪に問われないように、わしから上層部に具申しておくから、安心して名乗り出てくれ」

そう言うと、男は再び船員達を見渡した。船員達の顔はどれも緊張していたが、退艦を名乗り出る者は一人も居なかった。

「パブロ・アルベニス艦長、我ら全員、最後まで艦長のお供をする所存です。二番艦、三番艦の艦長からも、同様の返答が来ております」

船員達の思いを代表して、パブロの横に控えていた副長が言った。

「・・・・・・どいつもこいつも大馬鹿者じゃな・・・」

そう呟くパブロの頬に熱い物が流れる・・・

「諸君等の気持ちはわかった。諸君等の命・・・・わしが預かる!総員配置につけ!」

パブロの号令に船員達は歓声を上げると、敬礼を返して持ち場に散った・・・・




続きを読む
posted by ラドリック at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

老兵は死なず §前編§

§1§



「すいません、この造船所にホセと言う人はいらっしゃいますか?」

「ホセは俺だが?」

造船所の喧騒の中に聞こえた控えめなその声に、一人の船大工が作業の手を止めた。その男は造船所の親方らしく、赤銅色に焼けた顔を声の方に向ける・・・年の頃は50前後だろうか、その顔には深い皺が刻まれていた。

「貴方がホセさんですか?私はAbelと申します」

ホセの前に現れた男はそう名乗ると頭を下げた。その男は長い髪を無造作に垂らし、質素な修道衣を身に纏っている。そして、その胸には鈍く光るロザリオがかけられていた。

「・・・・俺には神父の知り合いはいないんだが・・・・」

ホセは戸惑いながらそう言った。その目には不審の色が浮かぶ。

「もちろん私とホセさんは知り合いではありません。ホセさんは海事ギルドに依頼を出しませんでしたか?」

「ああ、確かに依頼を出したが・・・もしかしてあんたが?」

「ええ、海事ギルドの方で依頼を受けましたので、依頼人であるホセさんに詳しい話をお聞きする為に来させていただきました」

「・・・・・あんたがねぇ・・・・もう一回確認するが、海事ギルドから来たんだよな?」

「ええ、そうです。まあ、ホセさんが訝しがるのもよくわかりますけど」

ホセがそう言うと、Abelはにっこりと笑った。

「もしお時間があれば、依頼の件についてお話をお聞きしたいのですが・・・・」

「ああ、それじゃあ酒場で待っていてくれ。すぐにあとを追うから」

「わかりました。それではまたあとで」

ホセの言葉にAbelは頷くと、ホセに頭を下げて酒場に向かって歩き出した・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

花酔いの石(後編)

§1§



「ああ、ラウルさんが言ってた件ですよねー?」

ワイラはそう言うと、ラドリック達に向き直った。ポルトベロを出航したラドリック達は、ラウルが情報収集を依頼したワイラに結果を聞く為にサントドミンゴに来ていた。

「ここに来る色んなお客さんに聞いてみたんですけど、やっぱり皆さん聞いたことがないって言うんですよー」

ワイラはラドリックにそう言うと、とてもすまなそうな顔をした。

「そうですか・・・・やはりカリブには存在しないのか・・・」

ラドリックはそう呟くと、何かを考えるように俯いた。

「ワイラさん、どんなことでもいいの、何か関係あるような事を聞いてない?」

考え込むラドリックを押しのけるように前に出たソフィアが言う。

「そうですねー・・・あ、その石については何もわからなかったんですけど、ラウルさんが見たお花については面白い事を聞きましたよー」

「面白い事?」

「ええ、イングランド商船隊の船長さんに聞いたんですけど、そのお花は太陽の下だと青く光るんですって」

「青く光る・・・・?」

「はい、桃色と青が混ざって、凄くきれいなんだそうですよー?ロンドンの女性はみんな知ってるって言ってましたけど・・・ソフィアさん知らないんですかー?」

「ああ、ソフィアは女性と言っても」

「お兄ちゃん、黙ってて!」

「う・・・・」

ソフィアはラドリックを一喝して黙らせると、考え込んだ。

「桃色の花・・・青く光る・・・まさか!」

「何かわかったのかソフィア!」

「もしかしたら答えはすぐ近くにあるかもしれないわ・・・お兄ちゃん!すぐに出航しましょう!」

「出航って・・・どこに行くんだ?」

ソフィアの意図がわからず戸惑っているラドリックを引っ張るように出航所に向かおうとするソフィアにラドリックが問いかける。

「行き先は・・・私達の生まれ育ったロンドンよ!」

ソフィアはそう言うとワイラに頭を下げ、ラドリックを引きずるように、出航所に向かった・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。