2008年02月12日

亀裂 §前編§

§1§



「坊ちゃん、パブロ提督から手紙が来てますぜ?」

「パブロさんから?」

ロンドンのアパルタメントで久しぶりの休息を取っていたラドリックは、手紙を届けに来たエドに問いかけた。

「ええ、坊ちゃん宛にとさっきサントドミンゴから帰ってきた商船隊の船長が船に届けてくれたんでさ」

エドはラドリックにそう答えると、手紙を差し出した。ラドリックは、読みかけの本を机に置くと手紙を受け取り、ペーパーナイフを使って手紙を封を開ける。

「確か、パブロ提督はAbel船長の所に居るんでしたね?」

「ああ、そうだ。いつもならAbel神父のアパルタメントに居るはずなんだが・・・・」

元イスパニア海軍提督パブロ・アルベニスは、ラドリックとAbelがかかわった一件で軍を退役した後、Abelの懇願に応えてAbelの執事として第二の人生を送っていた。本来執事というものは、主人の居ないアパルタメントの管理をするのが役目なのだが、パブロはAbelと共に時々航海に出ているのだった。

「しかしカリブか・・・・パブロさんは執事と言うより副官だな・・・」

ラドリックは苦笑しながら封筒の中から手紙を取り出し目を通した。そして一通り目を通すと、手紙を机に置いた。

「パブロ提督はなんて言ってきたんですか?」

「昔パブロさんの指揮下に居た軍人がイスパニア海軍を辞めたらしい。腕は保障するので俺の船で雇ってくれないかと言ってきてる。この手紙が届く頃にはこっちに着くだろうから、試してみてくれ、ということだ」

エドの問いかけにそうラドリックは答えた。

「なるほど・・・・パブロ提督のお墨付きなら腕の立つ野郎なんでしょうね」

「ああ、イスパニア海軍の中でもカリブ方面で私掠艦隊に所属していたらしい」

「ほう・・・・それは頼もしいじゃないですか、そいつが来ればあっしもディックも楽ができるってもんでさ。それにロイのやつの希望にも・・・」

「ああ・・・・・それはそうなんだが・・・」

「どうしたんです坊ちゃん?なにか不都合でもあるんですかい?」

いつになく乗り気でないラドリックの態度に不審を覚えたエドが問いかける。その問いかけにラドリックは頭を掻きながら答えた。

「それがな・・・・・その軍人というのが・・・・女性らしいんだ・・・・」

「お・・・おんなぁ!?」

エドの驚きの声が室内にこだました・・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。