2008年01月28日

謹賀新年(遅

遅ればせながらあけましておめでとうございます。ラドリックの中の人です。

昨年はこのブログをご愛読いただきまことにありがとうございました。と言っても9月の更新から4ヶ月以上更新していないわけで・・・・楽しみに待ってくださっている読者の方には(いるのか?)大変ご迷惑をおかけしております(汗


年末にはこのブログに美麗なイラストを書いてくださっている商会員のManonさんの発行されるDOL本にラドリックたちの物語とは違った話を寄稿させていただきましたが、それ以外はまったく書けていない状態が続いております。DOL自体もリアルの事情でIN率が低下している状態です。


とりあえず、リアルの事情が今月一杯で一区切りつきそうですので、来月以降は少しずつですが更新の方を再開していきたいと思いますので、今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
posted by ラドリック at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

マルセイユの情熱(番外編)

春のうららかな風がマルセイユにそよぐ午後・・・・マルセイユ西教会の中は季節に似合わない熱狂の渦に飲み込まれていた。

「・・・・・これで最後だ・・・・!」


軍人風の男はそう言い放つと、拳を強く握り締めた。自分のすべての力をその拳に込めるように・・・・

「ここまで来た以上、負けるわけには行かないわ!」

少女は男をしっかりと見据えた。その瞳に恐怖の色は無い・・・・あるのは誇りと矜持と強い意思のみ。


二人は教会の祭壇を挟んで対峙した。教会に揃った大勢の人々はこれから起こるであろう二人の戦いに思いを馳せる・・・・そして教会内を静寂が支配したその時、第三の男が叫んだ・・・・・


続きを読む
posted by ラドリック at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

しーくれっとばとん

恋愛バトンという難敵を辛くも倒したラドリック。しかし、安心したのもつかの間、新たなる強敵「シークレットバトン」がその牙をむき出しにして襲いかかって来る!
ラドリックはこの強敵を倒すことができるのか?以下次号!(マテ

フェリシティさんから是非にとバトンを投げられたので書いてみます。英国紳士としては逃げる訳にはいかんでしょw


続きを読む
posted by ラドリック at 19:50| Comment(13) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

恋愛バトン

え〜・・・・ケイロン船長から「恋愛バトン」なるものが回ってきました(汗

興味のある方のみ読んでください(苦笑

というか・・・・リアルとキャラどっちで答えりゃ良いんだ・・・(汗

続きを読む
posted by ラドリック at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

基本に戻る

最近更新が滞ってるラドリック(PL)です。楽しみに待っていただいてる読者の方には(居るか?という突っ込みは無しの方向でw)申し訳ないのですが、ラドリック達の航海日誌はもう少しお待ちください^^;

さて、ラドリック達は今北欧に篭っています。正確に言うとリューベックとハンブルクな訳ですが・・・さあ、皆さんもうお分かりですね、そう、鋳造修行の為に篭っている訳ですw

皆さんご存知の通り、来月の月例アップデートでブーメラン行為ができなくなるそうで、パッチに踊らされるのは本位ではないのですが・・・・まあ、それはそれとして(笑)今のうちに本職の鋳造と関係取引スキルを上げておこうと思った訳です。

賞金稼ぎを約5ケ月?ぐらい続けてた訳ですが、Ranzo船長主催の模擬戦も終わり(結果は・・・力及ばずまたしてもお荷物に・・・(汗)軍人稼業にも一区切りついたので、本来のメインである鉱物商に戻りました。

いずれは鋳造優遇な船大工か戦術家に転職して軍人稼業に戻るつもりですが、鋳造と取引スキルが納得できるランクになるまでは海事&冒険断ちをすると誓いましたので、皆さん温かく見守ってくださいね

それと、ただいま鋳造作業で冒険や海事に飢えておりますが、↑の通り海事&冒険断ちをしておりますので、魅力的なクエが出ても行けません。誘われると真剣に悩んだりころころ転がってしまいますのでご注意をw

(工業品取引ブーストのアイテムに引きずられて冒険クエにちょっと浮気したのは内緒という事で・・・・・w)
posted by ラドリック at 19:04| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

ムービーバトン

某銀河系の方からからご指名受けましたので、ネタも纏まってない事なので(マテ)書かせていただこうと思いますw

私の見る映画はかなり偏ってますので、参考になるかどうかはわかりませんが(汗続きを読む
posted by ラドリック at 20:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

航海士達の横顔(キャラクター紹介)

皆さんご存知のように、このブログには私のほかにサブキャラクターで航海士達が出てきます。

私の所もRanzo船長の所と同じく、各航海士達がスキルを持っているという設定になっています。

主要キャラクターは殆ど出たと思いますので、ここでサブキャラクターの紹介などをしてみようかと思います。






続きを読む
posted by ラドリック at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

ああ、愛しの船たちよ!(ラドリックPL)

アラビアンモジャーが行く.JPG

皆さんは愛船に名前をつけてらっしゃるでしょうか?

皆さんもご存知の通り、このゲームでは自分の乗る船に名前が付けられます。航海中の方の船を見てみると色んな名前があります。まあ、乗るぶんには普通の「商用キャラック」とかでも問題無い訳ですが、名前をつけると愛着がわいてきますので、私は自分の船には色んな名前をつけています。

ラドリックはイングランドに所属しているので、船の名前の前には必ず「HMS」の三文字が付いています。これはイングランド海軍の伝統で、軍艦の名前の前には必ず女王陛下の船 (Her Majesty's Ship) 」または「国王陛下の船 (His Majesty's Ship) 」と付ける事になっています。大航海時代のイングランドはエリザベス女王の統治下にあるので「HMS」が付くわけです。まあ、冒険用の船や商船にも付けてますが(笑

私は今二隻の船を所有しています。交易&冒険用の船は商用サムブークで「HMS Merchant road」といいます。これは直訳で「商人道」って意味です。今は賞金稼ぎをしているとはいえ、私は本来『商人メインの鋳造屋』な訳ですから、この名前は当然な訳です(笑

次に戦闘用の船ですが、現在はアラビアンガレーに乗っています。名前は「HMS Raging dragon」です。これは直訳で「猛る竜」という意味です。名前の由来は・・・・アラビアンガレーの猛々しいイメージと、帆に燦然と輝く竜殺しの紋章から取りました。この紋章を取るのに非常に苦労をしたので・・・(汗

ちなみに、退役した船の名前の中にはダウ「HMS Blue gale」とか戦闘用ピンネース「HMS The holy Trinity」等があります。

Blue galeは蒼き疾風と言う意味です。ダウにはじめて乗ったときにあまりの速さに感動して、その海上を滑るように進む姿がまさに疾風のように見えたのでこの名前にしました・・・って誰ですか、そこで「キザだなぁ」なんて言ってるのは(笑

The holy Trinityは聖なる三位一体という意味です。これは某文庫の小説の中に出てくる船から取りました。なんか華麗なイメージがしたので英国紳士にぴったりかなと思いましてw

ちなみにこの小説には僚艦で「Crimson countess」訳すと真紅の伯爵夫人号という船も出てきます。最初はこっちにしようかと思ったんですが・・・・この船は小説の中で弾薬庫に直撃受けて撃沈するんで縁起が悪いので回避しました(汗

長くなってしまいましたが、航海士にとって船は永遠の相棒であり、永遠の恋人だと言います。大海原で苦楽を共にする船たちに、良い名前を付けてやろうではありませんか!




posted by ラドリック at 22:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

はじめに

皆さんはじめまして。私はコーエーのMMORPG『大航海時代online』のEurosサーバーで英国紳士をやってますラドリックといいます。

私が大航海時代と出会ったのは○○年前、PC8801というパソコンが全盛の時代でした。
当時の光栄(現コーエー)のゲームとしては恐ろしく自由度の高いゲームで、当時学生だった私は夢中になって遊んだものです。
そして信長の野望onlineが出た時に「大航海時代もネトゲーになれば面白いのに」と思って、コーエーさんが実現してくれるのを期待してました。

そして待つ事○年、正式発表→クローズβ→プレオープンと段階を重ねて、見事サービス開始と相成ったわけです。私はプレオープンからの参加ですが、もうどっぷりはまってます(笑

で、何故ブログを書こうかと思ったかといいますと・・・・当時クローズβに参加できなかった私は、燃え上がる大航海への欲求を公式掲示板を見ることによって発散させてました。しかし、公式掲示板は基本的に参加している方の為の物なので、参加していない私にはわからない語句も多く、いまいち感情移入できませんでした。そして、欲求が溜まりに溜まった時に某所で発見したのが大航海時代onlineのクローズβに参加されている方の航海日誌(ブログ)だったのです。

その方のブログはクローズβに参加していない私にもわかりやすく、まるで自分が参加しているような感じで楽しく読めました。
そのブログのおかげで、プレオープンまでの長い時間を私は爆発することなくすごせたのです(苦笑

それで私もブログを書いてみようと思い、現在に至ります。文才が無いので拙い文章ですが、どうかよろしくお願いしますm(__)m




posted by ラドリック at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。