2007年02月11日

死闘 §中編§

§1§



「・・・・・エド・・・・・敵艦は・・・・・・」

「今ので全部でさ・・・・・」

「そうか・・・こちらの損害は・・・・」

「右舷の大砲は全て使用不可・・・損傷箇所は応急処置をしてますが・・・これ以上は無理ですぜ・・・それと・・・」

「・・・・それと・・・?」

「水夫の死亡30・・・・負傷者42でさ・・・・」

「くっ・・・・・・・代償は高くついたな・・・・・・」

ラドリックはそう呟くと、炎に焦げたマストを拳で殴った。ラドリックの作戦は功を奏し、一隻だけと甘く見たイスパニア艦隊は、キングリューの旗艦と護衛艦を残し全滅した。しかし、Band of lightの被害も大きく、船体には各所に被弾した穴が開き、延焼のあとも痛々しかった。

「それと・・・・ディックですが・・・・」

「まさか・・・・死んだなんていうんじゃないだろうな!」

エドの言葉にラドリックが振り返る・・・・ディックは敵の白兵戦の最中に負傷し、船医であるカークが治療を行なっていたのだった。

「船長、あいつは殺したって死ぬ奴じゃありませんぜ。ただ・・・当分は療養が必要らしいんでさ」

「そうか・・・・・」

その言葉にラドリックは周りを見渡した。船自体の被害も大きいが、人的被害も大きかった。ある者は頭に包帯を巻き、またある者は腕を吊っている。怪我の無い者も疲労の色が濃く、甲板に座り込んでいるものも多数いた。


「あとは・・・・・・」

そう、ラドリックが呟いたその時、ロイがラドリックとエドの元に駆け寄ってきた。

「船長!おやっさん!大変です!」

「ロイ!どうしたってんだ!」

「あれを・・・・あれを見てください!」

ロイが指差した方にラドリックとエドの視線が向く・・・その目に映ったのはキングリューの旗艦である重ガレオンと撃ち合っているライザの船の姿だった。

「どういうことだ!あとの船はどうしたんだ!・・・・・まさか!!」

「迎撃艦隊の殆どは護衛艦と刺し違えたようです!生き残った艦も戦える状態では無いようで・・・・ライザ船長が生き残った艦を逃がす為に時間を稼いでいるようです!」

確かにライザの船と重ガレオンの周りには護衛艦と迎撃艦隊の船の物であろう残骸が多数浮いていた。

「くそっ!!このままでは・・・・・・」

ラドリックは拳を握り締めながらライザの船の方を見た。ライザは砲撃を加えながらも、重ガレオンとの距離を詰めていった。

「馬鹿な!・・・・・・ライザ・・・・死ぬ気か!!」

舷側から身を乗り出すようにして叫ぶラドリック・・・・その瞬間、ライザの船とキングリューの重ガレオンは接舷した。船体と船体のぶつかる音が、遠くからでもはっきりと聞こえた。

「このままライザをやらせるわけにはいかない!レイモンド!敵の重ガレオンにBand of lightをぶつけろ!強行接舷させる!エドは斬り込み隊の連中で無事な奴を集めてくれ!」

「アイ・サー!」

手負いの獣が最後の咆哮を上げるように、船体を軋ませながら重ガレオンに向かって船首を向けるBand of light・・・・・ラドリックはその船首に立ちながら、徐々に迫る重ガレオンを見つめた。


(ライザ・・・・・無事でいてくれよ・・・・・・)



続きを読む
posted by ラドリック at 23:24| Comment(5) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

死闘 §前編§

§1§


「ラドリック!そんな事は認められないわ!」


ライザはそう言うと、正面に座っているラドリックに厳しい視線を向けた。

ロンドンで編成を済ませた迎撃艦隊は、セビリアから北上してくるキングリュー率いるイスパニア艦隊を迎撃すべく、ビスケー湾を南下していた。そして、迎撃作戦を立てるべく、主だった船長がライザの船に集まっていたのである。


「ライザ、冷静になれ。今の戦力で正面決戦を挑んでは、負けるのは目に見えているんだ。俺の作戦を了承してくれ」

挑みかかるようなライザの視線を真っ向から受け止めながら、ラドリックは静かに言った。

「それはわかっているわ!でも、貴方の船一隻だけを囮にするなんてできない!」

「だが、そうしなければこちらの勝機は無い」


迎撃艦隊は数だけは揃ったものの、殆どがフリゲート、ピンネース等の中型の艦隊だった。イスパニア艦隊の出航を確認したイングランド側の密偵からの情報によれば、イスパニア艦隊は戦列艦こそ居ないものの、重ガレオンを旗艦にガレオンを多数擁している・・・・苦戦は必死だった。

そこで、ラドリックは迎撃艦隊唯一の大型艦であるBand of lightを囮にする事によって敵をひきつける事にした。そして手薄になったキングリューが乗るであろう旗艦をライザ達が包囲して撃破する・・・・・それがラドリックが立てた作戦だった。

「・・・・・ラドリック・・・貴方死ぬつもりなの・・・?相手は一隻じゃないのよ?」

「わかっているさライザ・・・しかし俺は死ぬつもりは無い」

「ならば、せめて艦隊を二分して」

「ライザ・・・・申し出は嬉しいが、そうなると今度はライザの方が手薄になる。いくら俺が敵を引き付けても、旗艦を裸にするほど敵も甘くは無いだろう・・・・護衛艦のガレオンと旗艦の重ガレオン・・・イスパニア艦隊の強さはルアンダで思い知っただろ?」

「そ・・・それは・・・・」

ライザはラドリックの言葉に反論できなかった。ルアンダのイスパニア警備艦隊でさえ、一対一では押されていたのを思い出したからだ。

「とにかく、ここは俺に任せてくれ・・・・頼む」

「・・・・・わかったわ」

ラドリックの言葉にライザは答えると、部屋に居る全員を見回した。

「我が艦隊はこれよりイスパニア艦隊の迎撃にあたります。副長、敵との遭遇予測はどれぐらい?」

「このまま南下すれば・・・・恐らく半日後は敵と遭遇します。遭遇予定は・・・・・」

ライザの問いかけに副官は答えると、机の上に広げられている地図をの一点を指し示した。

「なるほど・・・・オポルト沖か・・・・」

集まった船長の一人が呟いた。

「ラドリックは先行して敵との口火を切って。残りの艦は手薄になった敵旗艦を集中攻撃します!」

「了解!」


ライザの言葉に男達は敬礼を返して答えた・・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

出撃前夜

§1§



「なんで私は行っちゃ駄目なのよ!」

ソフィアはそう言うと、目の前のテーブルを手で叩いた。

謁見の間を辞したラドリックは、出撃の準備を整える為にBand of lightに戻り、航海士達を集めて指示を出した。そして、その準備が一段落した時点で、ソフィアを船長室に呼んだのだった。

「ソフィア・・・・今回の出撃は今までのようにはいかない。最悪の場合、二度とロンドンの土は踏めないかもしれない・・・・そんな危険な所にお前を連れて行くわけにはいかないんだ」

「何でよ!ケープで海事演習をしたときも、カリブで海賊の掃討戦をした時も、私はずっとお兄ちゃんたちと一緒だった。それなのに、何で今回だけ!」

「考えてみろソフィア・・・演習はあくまで演習、掃討戦は実戦とはいえ、戦闘力ではこちらが上だった。しかし、今回はイスパニアの無敵艦隊の一部が相手だ・・・・とてもじゃないが、お前を守ってやる余裕がないんだ・・・・」

「守ってもらわなくてもいい!私は絶対に」

「ソフィア!わがままを言うな!」

なおも言い募ろうとするソフィアを一喝すると、ラドリックは冷たい声でソフィアに告げた。


「主計長ソフィア・ガーランドの任を解く。今日中にBand of lightから下船するように」

「お兄ちゃん!」

「これは船長命令だ、逆らうのなら力ずくでも下船させるぞ!」

ラドリックの言葉を聞いて、ソフィアの目に涙が浮かぶ・・・そして、ソフィアは無言で踵を返すと、船長室を出て行った。

「ソフィア・・・・わかってくれ・・・・・・」

ラドリックは開いたままのドアを見つめながらそう呟いた・・・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 14:40| Comment(5) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

戦雲迫る

§1§



「ライザ!キングリューが艦隊を率いて北上しているというのは本当か!」

カリブでの任務を終え、ロンドンに帰港したラドリック達を待っていたのは「イスパニア艦隊北上す」の報告だった。それを聞いたラドリックは、同じく報告を聞いてアムステルダムから駆けつけたフレデリクと共に、ミドルトン邸に駆けつけたのだった。


「ラドリック・・・・フレディも・・・・・そうよ、キングリューがイスパニア艦隊を率いてこのロンドンを目指して北上しているわ」

海軍士官の軍服に身を包んだライザは、配下の水夫達に次々と指示を与えながらそう言った。

「それで・・・・ライザ、お前はどうするんだ?と言っても、答えは一つのようだが」

フレデリクの言葉にライザは無言で頷いた。その顔には悲壮なまでの決意が見て取れた。

「私のせいでお兄様は傷ついてしまった・・・・もう、誰も傷つけたくない・・・だから、私はキングリューを倒す・・・刺し違える事になろうとも・・・・」

そう、ライザが呟いたその時、部屋のドアが荒々しく開けられた。一同がドアの方を見ると、そこにはマクレガーが立っていた。

「ライザ!女王陛下がお前を呼んでいるらしい。丁度良かった、ラドリックも一緒に来てくれ!」

「陛下が私を・・・・・・?でも私は・・・・・」

マクレガーの言葉に戸惑うライザ・・・フレデリクはライザの肩に手を置くと、ライザに語りかけた。

「取り合えず陛下の所に行って来い、出撃の準備は俺が整えておく」

「・・・・ありがとう、フレディ・・・・・」

ライザはフレデリクにそう言うと、ラドリックとマクレガーの方を向いた。

「ラドリック、マクレガー、陛下の所に行きましょう」





続きを読む
posted by ラドリック at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

船上の舞踏会

§1§



「敵重キャラックの船尾を取りました!」

「ファイエル!」

ロイの声に素早く反応した砲術長のエルウッドが,指揮棒を振りながら叫ぶ・・・号令と共にBand of lightの右舷から放たれた無数の鋼の牙が、バハマ海賊の重キャラックの船尾に迫り・・・・・重キャラックは轟音と共に火柱を上げた。

「全弾命中!敵艦大破!」

「よし、次弾装填準備!エド、ベネット達の方はどうなっている?」

沈みゆく重キャラックを見据えながら、ラドリックは傍らにいるエドに声をかけた。漂流船The new earthの最期を見届けたあと、サントドミンゴを経由してハバナに入港したラドリック達は、同じくハバナに入港していたベネット、スーザ、Manon達と艦隊を組み、付近の海賊を掃討していたのだ。

「ベネット船長とManon船長はあそこですぜ」

そう言ってエドが指差した方をラドリックが見ると、そこにはバハマ海賊の重キャラックを間に挟んで集中砲撃を加えているベネット達が居た。ベネットとManonの砲撃は苛烈を極め、重キャラックはあちこちから煙を出しながら散発的な抵抗を繰り返す・・・・撃沈は時間の問題に見えた。

「あっちは大丈夫だな・・・・スーザさんの方はどうなっている?」

「スーザ船長は・・・・・ああ、そこでさ」

ベネット達の居る方向とは逆の方向にスーザの船は居た。スーザの乗船であるガレオンは、敵艦隊の旗艦である重キャラックと並んで動きを止めていた。恐らくどちらかが接舷して白兵戦となったのだろう。

「ロイ!スーザさんの船が敵艦と接触してどれぐらいになる!」

ラドリックはトップマストで周囲を警戒しているロイを見上げた。ラドリックの問いかけにロイはしばし考えた後、答えを返した。

「そうですね・・・・・もうニ時間ぐらいでしょうか・・・・・」

ロイの答えを聞いた瞬間、ラドリックの表情が変わった。ラドリックはスーザの船を一瞥すると、航海長のレイモンドの方を向いた。

「レイモンド!スーザさんのガレオンにBand of lightを接舷させろ!多少荒っぽくなっても構わん!」

「了解!」

「ギムはベネットとManonさんに信号を!そちらが片付いたらすぐにスーザさんの船に向かうように伝えろ!ディックは斬り込み隊の連中に用意させろ!接舷したらすぐに乗り込むぞ!」

「了解ですが・・・船長・・・どうしたんですかい?そんなに慌てて?」

突然の命令に戸惑うディックに、ラドリックは表情を変えることなく言った。

「おかしいとは思わないか?スーザさんの船はガレオンとは言え、その白兵戦能力はこのBand of lightより上だ・・・・それが二時間も接舷したままということは・・・・」

「まさか・・・・押されていると?」

「思いたくはないが・・・・・・最悪の事態も考えておいた方がいい」

「りょ・了解しました、斬り込み隊の連中をいつでも乗り込めるように準備させておきます!」

ディックはそうラドリックに言うと、慌てて下に降りて行った。それと同時に、レイモンドの操船により、Band of lightはその船首をスーザの船に向けた。

(杞憂で終わればいいが・・・・・・)

ラドリックはそう思いながら、徐々に迫るスーザの船を見つめた・・・

続きを読む
posted by ラドリック at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

忘れられた先駆者(DOL百物語 第四話)

§1§



「これは・・・・・酷いな・・・・」

ラドリックは辺りを見回すとそう呟いた。オスマン艦隊を撃破し、リラダン団長に別れを告げたラドリック達は、一路サントドミンゴを目指していた。そしてその航行中に「それ」を見つけたのだった。


ラドリック達が見つけた「それ」・・・・・それは、漂流している一隻の帆船だった。帆は破れ、索は切れ、船体には砲弾がめり込んだであろう穴が無数に開いていた。しかし、沈むまでには至らないようで、海流に流されているのだろう、少しずつ動いていた。ラドリック達は、その漂流船に船を近づけているのだった。

「一体何処の船でしょうねぇ・・・・・・」

ラドリックの横で、船を眺めていたディックが不思議そうに言った。

「こりゃかなり昔の船だな・・・・わしが若い時に作られた船じゃないか?」

ディックの言葉に工房長のモーガンが答えた。

「船の形は今で言うキャラック系だが、各所の作り方が今風じゃない・・・・それにあそこを見てみろ」

そう言うと、モーガンは船体の一部を指差した。そこには、喫水線よりかなり上であるにもかかわらず、海草がびっしりと巻きついていた。

「いくら漂流船だからといって、あの海草のつき方は異常だぞ?それに、あれだけの穴が開いてれば、キール(竜骨)にも影響があるはずだ、浮いてるのが不思議なぐらいだが・・・・・」

そう言いながら考え込んでいるモーガンを尻目に、ラドリックは横に来たエドに言葉をかけた。

「とりあえず、乗り込んでみよう。万が一にも生存者が居れば救助しなければならない」

「ですが船長・・・・流石に生存者は居ないと思いますがねぇ・・・・・」

ラドリックの言葉にエドは船を一瞥してそう言った。

「恐らくそうだろうが・・・・・もし、乗っていた人間の手がかりになるようなものでもあれば、遺族に持って帰るのが航海者の道ってものじゃないか?」

「・・・・・わかりやした、ではあっしとディックを中心に乗り込む奴を編成しましょう」

「ああ、頼む。準備ができたら教えてくれ」

エドの言葉にラドリックは頷くと、船長室へと歩を進めた。



続きを読む
posted by ラドリック at 22:00| Comment(12) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

汚名

§1§




「貴官は確か・・・・・あの時Sanative=Vixen提督と一緒に居た・・・・」


聖ヨハネ騎士団の団長であるリラダンは、彼の前に立っている若者を見てそう呟いた。

「お久しぶりです団長。その際はご迷惑をおかけしました・・・・」

その若者・・・・ラドリックはそう言うと、リラダンに頭を下げた。

「いや、気にせんでくれ。貴官はよくやった。だが、あの時はSanative提督に助けられたな・・・・」

「ええ・・・・」

リラダンの言葉にラドリックは頷いた。あの時・・・・そう、オスマン艦隊を討伐すべく、リラダンから依頼を受けたラドリックはSanativeに応援を頼み、勇躍ロードス島沖に向かったのだが、結果は惨敗・・・最終的には疲れきったラドリック達をカンディアに残してSanativeが単独出撃し、オスマン艦隊を撃破したのだった。


「で・・・・今日は何の用かな?」

物思いにふけるラドリックにリラダンは声をかけた。

「失礼しました。海事ギルドの方でオスマン艦隊を討伐する者を求めていると聞きましたので参上した次第です」

「・・・・確かにギルドの方には適任な者が居ればこちらに寄越すように依頼をしておいたが・・・・・貴官をその任に当てるわけにはいかんな」

ラドリックの言葉にリラダンは答えた。沈黙するラドリックにリラダンは更に言葉を続ける。

「先ごろのオスマン艦隊との大海戦は知っておるな?」

「はい・・・」

「あの時も各国から選りすぐりの航海者達が集まり、何とかオスマン艦隊の南下を防いだ。しかし、オスマン艦隊は戦力を蓄え、再度の侵攻を狙っておる・・・・・ラドリックよ、貴官は一度オスマン艦隊に完膚なきまでに叩きのめされている・・・・オスマン艦隊を討伐するには、Sanative提督のような熟練の軍人でなければならん。だからこの任に貴官を当てるわけにはいかんのだ」

「リラダン団長」

ラドリックは俯いていた頤を上げると、まっすぐリラダンを見た。鋭い視線がリラダンを射抜く。

(ほう・・・・・いい目をしておるな・・・・・あのときとは違う)

リラダンはラドリックの視線を受け止めながらそう思った。そして、形の良い口ひげをしごきながらラドリックに問いかける。

「なにかね?」

「私にもう一度機会を与えてください。汚名を雪ぐ機会を・・・・」

「しかし・・・・・」

「ヨハネ騎士団の名を汚すような事は致しません。ですから是非とも・・・・」

「・・・・・・・・わかった、貴官に討伐を任せよう」

「ありがとうございますリラダン団長。このラドリック・ガーランド、一命に代えましてもオスマン艦隊を」

「だめだ」

「・・・・は?」

「命に代えてもなどと言うものではない、無理はするな、そして・・・必ず帰って来るのだ」

「・・・・・承知致しました」

ラドリックはリラダンに敬礼すると、リラダンの執務室をあとにした。




続きを読む
posted by ラドリック at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

甲板長の憂鬱(ディック)


「左舷1番から8番まで装填完了しました!」

「よし、目標左舷ピンネース級、距離280・・・・ファイエル!」


エルウッドの号令と共に、ファルコン砲に装填された砲弾が、カテガット海賊の船に放物線を描いて飛んでいく・・・俺はそれを目で追いながら、ため息をついた。

「暇だなぁ・・・・」

「兄貴・・・何言ってるんですか、そんなに暇ならちょっとは資材の運搬とか手伝ってくださいよ!」

俺の呟きが聞こえたのか、後ろでちょこまかと補修用資材の運搬をしていたロイの野郎が、俺に向かって言ってきた。

「あのなぁロイ・・・・俺は資材を運ぶ為に甲板長やってるんじゃねぇんだよ」

「・・・・・兄貴、甲板長って何の仕事するのか知ってます?」

俺の言葉に半ば呆れながらロイが聞いてくる。

「そりゃお前、甲板長って言ったら、白兵戦の時にその指揮を取る・・・」

「そりゃ、それも主な仕事ですがね・・・・甲板長ってのは、白兵戦以外にも水夫を統率して、船上の諸作業指揮をするのが甲板長ですぜ?」

ボーっとしている俺に構わず、ロイは更に言葉を続ける。

「だから、白兵戦が無い時には船の補修用の資材を運んだり、砲弾を運んだり・・・・」

「お前が指揮すりゃいいじゃないか、俺はまっぴらごめんだぜ・・・・なんかあれば呼んでくれ、俺は下に下りてる」

「あ〜に〜き〜・・・・」

困った顔をするロイを尻目に、俺は手をひらひらと振って見せると、中甲板に下りる階段に向かった。




続きを読む
posted by ラドリック at 20:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 航海士達の日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

再び戦いの海へ・・・・

「ラドリック・ガーランド・・・・よく貢献してくれましたね」

荘厳な空気が流れる謁見の間に、女王の声が響いた。女王の声が大きいのではない。謁見の間に漂う厳粛な雰囲気が他の者に物音を立てさせていないのだ。

「ラドリックよ、女王陛下はお前に更なる爵位を授与されるとの仰せだ。謹んで受けるように」

女王の隣に立つサセックス伯がラドリックにそう言った。

「ありがたき幸せ。このラドリック、イングランドの為に更に尽くす所存です」

ラドリックは緋色の毛氈の上に跪いて頭を垂れたままそう答えた。
ヨーロッパとインドを往復し、宝石輸送で瞬く間に資金を稼いだラドリックは、その大半をイングランドの同盟港に投資した。その功績により、今回の爵位授与となったのである。


「時にラドリックよ」

再び謁見の間に女王声が響く。

「そなたをこの謁見の間に呼んだのにはもう一つ理由があります」

女王はそう言うと、サセックスに視線を投げかけた。女王の視線を受けたサセックスはラドリックの方に向き直ると、手に持っていた紙を開き、言い放った。

「イングランド海軍予備役士官ラドリック・ガーランドに命ずる。女王陛下の勅命である。直ちに現役復帰し、軍務に付け!」





続きを読む
posted by ラドリック at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラドリックの航海日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

海の墓標(Sanative=Vixen)

「野郎ども!片っ端から畳んじまえ!」


襲いくるバッカニアの水夫を袈裟斬りにして息の根を止めながら進むSanativeの背後から、斬り込み隊長のアレンの声が聞こえてきた。Sanativeはその声を背に、船長室があるであろう船尾楼に向かって進んで行く・・・・


海軍の命令により、カリブ海域の海賊を掃討する為にカリブ海に来たSanativeは、カリブを根拠地とする最大の海賊、バッカニアに標的を定めて、片っ端から掃討していった。今Sanativeが乗り込んでいるガレオンも奇襲をかけてきた船の一つだった。

勿論バッカニア側もただ掃討されるに任せていたわけではない。カリブ海を航行するSanativeを見つけては奇襲をかける。しかし、奇襲をかけたバッカニアの船は全て返り討ちにあっていた。


「・・・・・ここか」

Sanativeは船尾楼の最奥、恐らく船長室であろう扉の前に立っていた。そして、ドアのノブを捻り、無造作に扉を開けた・・・・・



続きを読む
posted by ラドリック at 21:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 航海者達の日誌(番外編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。